総量規制対象外のカードローン

2010年6月に施行された改正貸金業法では、利用者の年収の3分の1を越える貸出が禁止されています。
いわゆる「総量規制」の定義は、これまで大きな問題となってきた多重債務者に対する問題対策として設けられました。
利用できる金額を、年収の3分の1に限定することで、借入過多を防ぐ目的があります。

 

しかし、カードローンの中には「総量規制対象外」のものがあります。
ます、よくいわれているのが「銀行系」のカードローンです。
そもそも「総量規制」はその対象を、「貸金業者」からの借入としています。
銀行は、貸金業を専属としている「貸金業者」にはあてはまらないのです。

 

そこで、多くの銀行系カードローンが、「総量規制対象外」ということを宣伝しています。
年収に縛られませんので、例えば収入の少ないパートやアルバイト、収入の無い専業主婦でもある程度の金額を借入することが可能になっています。
当然、誰でも利用できるわけではなく、審査に合格する必要があります。
特に銀行系のカードローンは、貸金業者に比較すると審査が厳しいとみなされていますので、一長一短があるといえるでしょう。

 

また、おまとめ目的のカードローンなども総量規制対象外です。
利用者にとって有利となる借入は、総量規制の対象外とみなされます。
多くのカードローンを一本化して、返済が軽減されると、それは利用者にとって有利な借入となるのです。

 

その他の条件などでも、総量規制対象外となる場合もあります。
不明な点は、窓口の担当者などに直接相談してみてはどうでしょうか。

カードローンの申込方法

現在のカードローン増額には、様々な申込方法が準備されています。
自分の都合に合わせた申込を行うことができますので、非常に便利です。
多くの会社は、次のようなカードローン増額申込方法を準備して貴方を待っています。

 

○店頭で申込

 

有人店舗に直接赴いて、申込を行う方法です。
担当者と直接話をすることができますので、カードローンの増額利用に際しての問題や不安を解消することができます。
顔を合わせて相談をすることで、相手側の話内容もよく理解できるのではないでしょうか。
店頭には、多くのパンフレットなどの資料も整っていますので、分かりやすい説明を受けることができます。

 

○インターネットで申込

 

自宅のパソコンから申込を行う方法です。
お金を借りるのに自宅に居ながら申込ができますので、その便利さはいうまでもないでしょう。
通常は24時間受付を行っていますので、時間を選ばない点も大きな魅力です。
必要書類もパソコンに取り込んでメールで送信、審査結果もメールなどで受け取ることができます。

 

○無人契約機で申込

 

消費者金融などの無人契約機に赴いて、申込を行う方法です。
お金を借りるのに対面では緊張してしまうという方におすすめです。
無人とはいっても、内部はきちんとモニタリングされていますので、不用意な行動はつつしみましょう。
担当者とは、いつでも会話をすることができますので、利用するうえでは安心です。

 

○電話で申込

 

専用のフリーダイヤルに電話をかけて申込を行う方法です。
通常は通話料金はかからず、自宅の固定電話、携帯電話両方を利用することができます。
受付時間も長く、場所と時間を選びません。

 

○郵送で申込

 

必要書類を添えて、郵送で申込を行う方法です。
審査開始は書類が到着してからになりますので、時間を要する点に注意です。
しかし、じっくり腰をそえて申込を行うことができます。
機械操作が苦手な方にはおすすめです。


このページの先頭へ戻る